Permalink
Permalink
Permalink
Permalink

北朝鮮のニュース番組は大体こんな風に聞こえる

「踏んだら孕んだ!
孕んだ振る降る般若だ!
童貞擦る無駄、フン出る春巻きはむ無理!
チン毛ちぎり、看板塗る飛騨!
安眠煮る焼酎!
安打!?半田ゴテ適時打!!
原チャリ盗んだ!
よくちょん切れるハサミだ!」

Permalink
新入社員「ヒャッハー!」
俺「あわわ」
新入社員「この単純作業はいただくぜ!」
俺「やめて下され!それは単純じゃが時間がかかる!儂がミスなく頑張ってる演出が一番できる作業なんじゃ!」
新入社員「うるせえ!電話番もだ!」
俺「ふおお、儂の声を発する機会も!」
Permalink
私、カッパを見たことがあるの。
これまで200回以上見たわ。
写真もあるのよ。
この写真が証拠なの。
雑誌にも載ったの。
でも、実はこの写真、私がカワウソの写真を加工して、カッパだって言って
雑誌に売り込んで載せてもらったニセモノなんだけどね。
悪気はなかったのよ。
本物を撮った写真だってあるの。
家に1000枚ぐらい。
今日は見せられないけど・・・・
カッパの事を書いた日記だってあるの。
自己流で書いた日記だから、日付が無かったり、内容も断片的なんだけどね。
その日記には秘密のことも書いてあるから見せられないの・・・
でも、友達だってカッパを見たことがあるのよ。 
誰なのか名前は言えないけど・・・・
カッパを見るコツだってあるの。
教えられないけど・・・・

カッパは本当にいるの! 私の事を信じて!
Permalink

(via suyhnc)

Permalink

bathosphere:

The neighbors are going to kill me…

(via siyo)

Permalink

「ある捜査官は、大阪府警本部の資料の表に従って、『ステップは〇、腰をくねらせるだけなら△、リズムを取るだけの軽い上下運動は×』などと証言しました。

また、別の捜査官は、(何がダメかは)摘発現場にいる警察官が個別判断するものだと言いました。

なかには、『音楽に合わせて楽しくリズムに乗って踊っているような状況があれば、もうそれで享楽的』という証言までありました」

これに対して、摘発当日にいた客は「純粋に音楽を楽しんでいた」「男女が密着して踊るようなことはなかった」などと証言したという。

西川弁護士はこうした証言を踏まえて、次のように問題点を指摘する。

「本来ならば、ある行為を『犯罪』とする以上は、『どんなダンス』がダメなのか、何が『ダンスをさせる営業』にあたるのかについて、明確に決まっているべきです。ところが、実際はそうでなかったということです。

また、実際に現場で『男女間の享楽的雰囲気』があったかどうかについても、裁判で具体的な証言はなく、摘発に当たっても、ほとんど考慮されずにいたことが明らかとなりました」

Permalink
もしかすると、俺はカルト宗教にハマっていて、その教義を信じているだけかも知れない――。週に一度ぐらい、その可能性を疑ってみるといい。 たいがい、何かに偏っているか、頼っているか、誰かを嫌っているか、バカにすることで自我を保っているんだよね。もちろん、この僕も。
Permalink
Permalink

勝手に部屋は散らかるのに、勝手に仕事は片付かない。

これは重要なことだ。つまり、どちらも「自分でやっていることなのに」だ。

ここにユビキタスの本質がある。そして、アイデアに出会うための戦略がある。

いつのまにか散らかっている机、部屋。私は、この「いつのまにか」の力を自分にプラスに働くようなシステムをつくりたいと考えてきた。たとえば、いつのまにか、「ある英単語」を覚えている。そういう世界だ。

Permalink
Permalink

そんな自分にとっての自然な居場所と思えるところはどこだろう。思いつかない。強いて云えばそれは場所ではなく、散歩という行為のなかにあるような気がする。私は会社帰りに三時間も四時間もひとりで夜の散歩をする。わざと道に迷うように歩く。路地を曲がって、その先が「なんだかいい感じ」だとどきどきする。あそここそ私の求めていた場所だ。だが、実際にそこに立っても何も起こらない。ちがう。ここじゃなかった、と思いながら、次々に路地の奥に入ってゆく。完全に迷ってしまって、タクシーで最寄り駅まで行く羽目になることも多い。

真夏の夜に、スーツとネクタイ姿のまま、汗びっしょりで何時間も歩き続ける。本当に「修行僧」なのかもしれない。こんなにも狂ったように激しい散歩をする人間が私以外にいるのだろうか。いったいここはどこなんだろう。辺りに何もない闇の中に自動販売機の灯りがぼおっと点っている。レモンジュースを買って飲む。レモンなのに手がべたべたになる。もう一本、今度はミネラルウォーターを買ってぺちゃぺちゃと手を洗っていると、胸が締めつけられそうに孤独で、でも自由なのだ。

— 穂村弘『本当はちがうんだ日記』P.120 2005 集英社 (via shanti) (via yuco) (via hanemimi) (via suzukichiyo) (via ginzuna, sandman-kk) (via suyhnc) (via jacony)
Permalink
pedalfar:

Tsubasa Honda : 本田 翼

pedalfar:

Tsubasa Honda : 本田 翼

(via isbsh)